アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年5月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

書類に目を通す女性

最近では、経理部門は少数最低限の人数で抑え、その多くの仕事を外注という形で事務所に依頼されるということもあります。
この依頼は、だいたい対会社である場合が多いです。
必要とされるのは会社を黒字運営している以上、毎年税金を払わなければなりません。
大きな会社になればなるほど、その事務量、会計の煩雑さは右肩上がりで、経理さんもそのために、常時大量に雇ってその決算期を賄うなどというわけにはいきませんよね。
自社の社員を雇う場合は大量のコストがかかるのですから。
もちろん年中決算期でもありませんし、お願いする会社が多くなりました。
必要な時期に会計事務所が間違いのない計算をしてくれるのです。

資格者の強み


税金の煩雑な仕事をチームワークでまさに一円も違わないように、精査し依頼された会社に対しおこうなうのが主な業務です。
自社の経理でまかないきれないレベルの仕事があるイコール大手であるとか、安定した企業相手の仕事が多いことにもなります。
それは雇用も安定しているということにもつながるのです。
経理以外のお仕事として、公認会計士は、会社へのコンサルティングも行います。
いわば、社長の会社運営の相談相手ということですね。
公認会計士は資格保持者が少なく、引っ張りだこなわけです。
不況の今の時代、持つべきものは資格ということでしょう。
いきなり資格というのはやはり難しいので、一緒に働きながら、自分の可能性を見極めてみるのもいいかもしれません。

また、一緒に働く事のメリットは、そこから資格に必要な勉強が自然に身につくということでしょう。
確かに公認会計士の資格試験は難しいですし、もし取得すれば転職求人から探して応募するときも有利です。
ただ資格がないことで会計の仕事ができないわけではないですし、理解を深めながら専門知識を増やすことにも意味があります。
こうしておくことで本質的な業務内容への理解と知識を活かす術が分かることでしょう。
会計事務所で働くことで得られる強みでもあるので、転職を検討している時は資格で武装するのではなく経験値から積んでいくように考えましょう。

オススメリンク

長期で働くための工夫

とにかく、まずは転職して人材派遣会社で働くという事についてインターネットのお役立ち情報サイトなどを利用して知ることが何よりも大切でしょう。
人材派遣会社と言っても、少人数で運営しているものから大手の会社まで様々ですから、それぞれの会社を選ぶメリットについて学んでおくことが大切です。Read more

関連リンク